サクラサク就職情報室

新卒に伝えたい就業という考え方

戦略的に、そして友人とも協力して就職成功

就活を始めたのは1月の半ばころ。友達と一緒に会社をやろうという話だったが、結局はなくなったため、遅まきながらスタートした。まずはみんなと同じように仕事自体を調べるところから始めた。

周りに比べて圧倒的に遅れていたと感じたので、まずは業界を絞ることにした。

業界地図をみて興味が持てた広告代理店に絞って就活を開始。マイナビを中心に情報収集。

自分の大学から広告を選ぶ人は少なく、ほかの大学のつてをたどって大手の代理店のOBを紹介してもらった。また、業界2位の企業に関しては、多忙を理由に訪問を断られてしまったため、赤坂のビルに行ってお昼休みに出てくる社員に声をかけてお話を聞かせてもらえないか?と尋ねて回った。

運よくその中からお話を聞かせてくれる方が3名ほどいたので、その方を頼りに就活をしていった。

結果から言えば、大手の代理店は全滅した。そこそこいいところまで行ったところもあったが、その時にはもう広告へも興味がなくなってきた。自分の家に大学の友人を招いて対策をした。互いが面接官になって、想定質問をしながら面接を進めた。

別の業界を見はじめたときに、とりあえず・・・と応募していたリクルートキャリアの面接が進んでいき、2次面接へ。しかし、業界もよくわからないまま受けたため、そこは落ちてしまった。その時から人材に興味がわき始め、大手を中心に3社ほど応募。その間外資コンサルで募集中のところがあったため、そちらも同時並行で進めていった。

人材については説明会から会社の雰囲気をつかんでいった。仕事内容というより、各社異なるビジョンをもっており、そこに共感できたところに関しては応募した。

この時はメンタルもやられており、少しの間アットタイプの就活支援も利用したが、あまり良いサービスではないと感じたため、途中でやめた。

最終的には、自分がいいなと感じた人材大手の企業でうまく選考が進み、現在はそこで就業している。