サクラサク就職情報室

新卒に伝えたい就業という考え方

リクナビ、マイナビを使った就職活動が王道だが・・

campustocom

就職活動でまず何をすればいいのか分からなかったので、リクルート主催の就活イベントに参加し、自己分析と他己分析を行いました。また、早い段階で行ったのがOB訪問です。ゼミとサークル、友人に付いていったOB訪問もありました。OB訪問は説明会では得られない、そこで働く方の生の声なので、面接でも非常に有効です。失礼のないようにいくつか質問を用意し、スーツで訪問しました。会社説明会は50社以上行きました。合同説明会も多かったです。初めはひたすら説明会に参加して資料をもらい、ノートに内容をメモする作業と、エントリーシートの提出に追われていました。登録したサイトは「リクルート」「マイナビ」「日経就職ナビ」です。リクルートとマイナビを主に使って就職活動していました。本命の企業までに面接慣れしておきたかったので、エントリーシート無しで面接に進めるものや、ほぼ全員面接に進めそうな企業もいくつか申し込み、面接に進めるものは全て受けていました。

初めは緊張でうまく話せませんでしたが、数こなすうちに話の内容もまとまって、スムーズに話せるようになりました。うまくいかなかった時は必ずその質問をメモし、同じ質問をされたときにどう答えたらいいか、ノートに記入していました。金融系は特にSPIというパソコンを使った試験が課される所があるので、対策本を一冊購入し、解いていました。また「みんなの就活」(みん就)にも登録し、面接を受ける時は事前にその企業の情報を得ていました。受ける企業や仕事のことをどれくらい調べてどれくらいリアルにイメージできているか、なぜ同業他社ではなくその企業なのか、なぜその職種なのか、自分の強みがどう活かせるのか、入社後のキャリアイメージ等はどの企業でも共通して聞かれました。就職活動で痛感したのは、絶対に譲れないひとつの強い「芯」を持つことが重要だということです。でないと全てのエピソードに一貫性がなく、説得力が無くなるからです。なんとなくそれらしいあやふやな回答は、すぐに面接官に見破られます。就職活動ピーク時は一日に数社入ることもあり、帰宅後は次の面接準備に追われ睡眠不足でしたが、入念な事前準備をした企業は面接の通りも良かったです。

新卒ではなく20代、30代からの転職に関しては見るとよいです。